【お知らせ】
御訪問者の方で、このサイトのページの表示やデザインが崩れている、動作不良等がありましたら、メールで御連絡ください。 できるだけ対応いたします。

文字コードの解析、変換(エンコード、デコード)

文字コードの変換や解析を行います。
文字化けを起こしたメッセージを読みたいときなどに効果があります。
文字種によってはHTMLで表記できない場合や、このページソースで取得しないといけない場合など、正しく変換できない場合があります。

デコードの場合、変換前文字種を指定し、変換後文字種は通常「sjis」を指定する。
エンコードの場合、変換前文字種「なし」で変換後文字種を指定する。
 正しく変換されない場合のみ、変換前文字種を変更する。

デコードの場合、最大入力文字数は 1000 字です。
ただしエンコードの場合の最大入力文字数は 80 字です。

よく使われる文字コードの特徴を説明しておきます。

【デコード時の設定方法】
jisコード→「$B$"$$$&$($*(B」
  →変換前文字種:「jis」
  →変換後文字種:「sjis」
eucコード→「、「、、、ヲ、ィ、ェ」
  →変換前文字種:「euc-jp」
  →変換後文字種:「sjis」
utf-8コード→「縺ゅ>縺・∴縺・」
  →変換前文字種:「utf-8」
  →変換後文字種:「sjis」
base64コード→「gqCCooKkgqaCqA==」
  →変換前文字種:「base64_decode」
  →変換後文字種:「sjis」
qprintコード→「=82=A0=82=A2=82=A4=82=A6=82=A8」
  →変換前文字種:「qprint_decode」
  →変換後文字種:「sjis」
urlエンコード→「%82%A0%82%A2%82%A4%82%A6%82%A8」
  →変換前文字種:「urldecode」
  →変換後文字種:「sjis」
メールヘッダー→「=?ISO-2022-JP?B?GyRCJCIkJCQmJCgkKhsoQg==?=」
  →変換前文字種:「decode_mime」
  →変換後文字種:「sjis」
escapeコード→「%u3042%u3044%u3046%u3048%u304A」
  このコードの場合は、
  →文字コードの解析、変換(ISO-Latin-1)

変換前文字列:  自動判別:ASCII  文字長:0

変換前文字種:
変換後文字種:
【 変換結果 】
変換後文字列:




RSS2.0RSS2.0RDFフォーマット

↑ページトップ

情報提供: 【超初心者のホームページ作成】

page update:

Copyright (c) 2006-2009, all Rights Reserved & Produced by atom